インフレ傾向のときには金利は上がる

インフレ傾向のときには金利は上がる


インフレ傾向のときには金利は上がる
今の時代というのはFXで儲けを出している人が大変多くいます。
ただし間違った知識ではFXで勝利を手にすることは出来ません。

サブプライム問題発生をして、急激な円高が進んできました。
この時にFXで大変大きな損失を出した方が多数いらっしゃることはインターネットでもニュースとなりました。
相場というのは上昇と下降とレンジの3パターンによって構成されており、落ちてしまうという可能性はどんな時でもあることを頭に入れておくことが大切なのです。
そして金利が高いからといって外貨を買うという方が多くいますが、金利も普遍的なものではないということを覚えておきましょう。

インフレ傾向の時というのは、金利は上がり、そしてデフレ傾向の時には金利は下がることとなります。
サブプライム以降におきましては、各国の景気後退が進み、金利も引き下げられてきているので、金利が高いからと言いましても儲かるとは決して限らないのです。



インフレ傾向のときには金利は上がるブログ:19/04/18

シェイプアップに成功して
目標の体重に到達すれば、嬉しい限りですが…

目標体重に到達したからといって、
元通りの食事に戻してしまえば、
おそらく確実に体重は増えてしまうでしょう。

逆に、今までのシェイプアップ生活を続けていけば、
自分の理想としている体型よりも細くなってしまいます。

なので、シェイプアップは
目標点に到達したあとが「厄介」なんですよね!

よく「リバウンド」という言葉を耳にします。

痩せたことに安心して、
元通りの食事に戻したら、
結果体重が増えてしまったというやつですね。

シェイプアップした直後というのは、
不安定な状態となっています。

ですから、ごはんを食べすぎると
すぐに体重にあらわれてしまいます。

リバウンド対策として、
ボクが実践しているのは
「こまめに体重計に乗る」ことです。

コンスタントに体重計に乗ることによって、
自分の体重の増減を理解することができます。

たとえ体重が増えたといっても
こまめにのっていれば、大した増量ではないはず。

ですからリカバーしようと思えば、
容易に取り返すことができる体重の増え方なんですよね。

だいたい、
リバウンドの恐怖というのは
1ヶ月程度続くのが一般的です。

1ヶ月を過ぎて、理想の体重をキープすることができれば、
おそらく元通りの食事に戻しても
問題はないでしょう。

というのも、
自分の肉体が初期化を果たすからです。

そして情報の再入力を行い、
今の理想的な体重の状態を
「通常」という風に認識をするからです。

このようにシェイプアップというのは
ただ単に体重を減らすことだけが目的ではありません。

減らした体重の状態を、
いかに長いことキープし続けるかが、
シェイプアップのカギになってくるのです。

明日はいい日かな~
インフレ傾向のときには金利は上がる

インフレ傾向のときには金利は上がる

★メニュー

分別保管と言われているもの
FXで勝つために必要な心構えは『余裕の心』
絶好のタイミングで投資できる資金を残しておく
統計上景気が良くなると通貨は上昇
円高は不況につながりやすい
相場というのはこの4つしか存在しない
転換点を判断するのに有効なMACD
インフレ傾向のときには金利は上がる
資本は十分か?株主は大丈夫か?
プロの世界で活躍している人達でも難しい


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)調べてみよう!FX情報