円高は不況につながりやすい

円高は不況につながりやすい



円高は不況につながりやすいブログ:18/03/11


ダイエット中、夜食は最大の敵です。
寝る前に食べた食べ物は、あまり消費されること無く
体脂肪として蓄積されてしまうからです。

わたくしたちのからだには、自律神経というものがあります。
自律神経には交感神経と副交感神経があり、
お昼は交感神経が働き、 19時は副交感神経が働きます。

お昼の交感神経は、食べたものの消費を促す指令を出し、
19時の副交感神経は、食べたものを
からだに蓄えさせる指令を出します。

だから、19時寝る前に食べたりすると
太りやすいんですね。

けれど、お腹がすいていらいらしたり、
お腹がすき過ぎてあまり眠れない時などは、
低カロリーで消化のいいものをとり、
空腹感を落ち着かせるほうがいいと思います。

それでも寝る直前は避け、
120分くらい前にとるようにしましょう。
19時、お腹がすきそうな時は、
あしたのあさ食を楽しみに早めに寝るべきですね。

お腹がすいてどうしようもない場合は、
お湯を多めに入れたおかゆをゆっくり食べて、空腹を落ち着かせましょう。
消化がいいので、あさ、胃もたれすることもなく、
あさ食もおいしく食べられると思います。

また、
コーンスープやポタージュなどではなく
インスタントのコンソメスープやカワメスープなどもお勧めです。
低カロリーで簡単にでき、からだも温まるのでいいと思います。

レモネードもレモンの香りで心が落ち着いて、イライラがおさまり、
からだも温まり、ビタミンCも取れるのでお勧めです。

お酒をほんの少し飲んで、
さっさと寝てしまうのもいいかもしれませんね。
ただ、お酒はなるべく低カロリーのものにして、
おつまみは食べないようにしましょう。

円高は不況につながりやすい

円高は不況につながりやすい

★メニュー

分別保管と言われているもの
FXで勝つために必要な心構えは『余裕の心』
絶好のタイミングで投資できる資金を残しておく
統計上景気が良くなると通貨は上昇
円高は不況につながりやすい
相場というのはこの4つしか存在しない
転換点を判断するのに有効なMACD
インフレ傾向のときには金利は上がる
資本は十分か?株主は大丈夫か?
プロの世界で活躍している人達でも難しい


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)調べてみよう!FX情報