FXで勝つために必要な心構えは『余裕の心』

FXで勝つために必要な心構えは『余裕の心』


FXで勝つために必要な心構えは『余裕の心』
実際にFXの取引を始める前に、理解しておかなければいけないことがいくつかあります。
ここではそのようなFXの初歩的なことをご案内しています。

自己資金ギリギリの資金を投資する事によって冷静な判断をすることが出来なくなってしまう人もいることでしょう。
自分が定めたルールに沿った行動が取れることなく損切りがし辛くなってしまうこともあるので注意が必要です。
FXというのは余裕資金で行うと聞きますと当然の事で、誰もが理解をしていることなのですが実際に出来ていない人が多くいるのです。
初心者によく見られるのが自己資産いっぱいの資金を投資してしまい、余裕の無い状態で投資をしている人となるのです。

出来る限り多くの資金を投資する事によりまして多くの利益を出したいという思いがある方もいると思います。
しかしFXで勝利をするためには必要な心構えというのは『余裕の心を持つ』という事なのです。



FXで勝つために必要な心構えは『余裕の心』ブログ:19/04/07

ミーがピアノを始めたきっかけは、
声楽をやっていた母親の
「お子様に音楽の勉強をさせたい」という思いからでした。

やはり音楽の道は厳しいもので、
幼い頃は友人となかなか遊ぶことができず、
寂しい思いもしました。

そのうちピアノの手を休めることができる
「食べる」時間が唯一の楽しみになっていったのです。

あの頃は「食べては弾いて」の繰り返し。
練習の辛さから、わざと食事を長引かせたりしたこともあります。

ミーにとって食べることは
弾くこととは逆の「癒しの時間」だったんです。

そんなミーのために、
母親は時々、家の中でちょっと変わったイベントをしてくれました。

それは「おうちバイキング」と「ピクニックご飯」。

どちらも
ピアノの練習の辛さなど忘れ、夢中になれる、
ミーにとって素敵なイベントでした。

おうちバイキングとは、その名の通り、
家のあらゆる部屋においしそうな料理と巻紙が置いてあり、
巻紙には次の部屋のヒントが書かれているというもの。
最後に玄関までたどり着くと、
手作りスイーツが置いてあって締めになります。

ピクニックご飯もまたワクワクするイベントです。
普段はインスタント塩ラーメンやカップ焼きそばを
食べさせることをしない母親でしたが、
時々どんなジャンキーなものでも食べて良いという日をつくってくれたのです。

その日は普段の食卓ではなく、
ストーブ横のじゅうたんにインスタント食品を広げて、
母親もそこで一緒に食べるというものでした。

母親なりにミーに音楽以外でも楽しみを与えるために、
一生懸命工夫してくれて、自分も楽しんでいたのだと感じます。


FXで勝つために必要な心構えは『余裕の心』

FXで勝つために必要な心構えは『余裕の心』

★メニュー

分別保管と言われているもの
FXで勝つために必要な心構えは『余裕の心』
絶好のタイミングで投資できる資金を残しておく
統計上景気が良くなると通貨は上昇
円高は不況につながりやすい
相場というのはこの4つしか存在しない
転換点を判断するのに有効なMACD
インフレ傾向のときには金利は上がる
資本は十分か?株主は大丈夫か?
プロの世界で活躍している人達でも難しい


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)調べてみよう!FX情報