絶好のタイミングで投資できる資金を残しておく

絶好のタイミングで投資できる資金を残しておく


絶好のタイミングで投資できる資金を残しておく
これまでに何回もFXの取引をしている方もぜひもう一度復習をしておくようにしましょう。
どんなことでも基礎となることは必要不可欠なのです。

絶好のタイミングで投資をすることの出来る資金を必ず残しておく事はとっても大切なことなのです。
何事に関しても同じことですが、資金的に余裕が無い投資というのは必ず負けるように出来ているものです。
リスクコントロールをするということに、損切りというのは大変重要なこととなるので、冷静な判断をすることの出来ない状況は避けなければいけません。
自分の考えていたシナリオが外れた場合におきましても資金に余裕があることで、その後の対処法を模索する事も出来るのです。

資金を全て使い果たしてしまったが、それを理由に絶好の買い場を逃してしまう事は絶対に避けたいところです。
どの通貨も買い時や売り時というのは、FXをやっていれば必ず起こることなのです。



絶好のタイミングで投資できる資金を残しておくブログ:19/02/15

世の中、
「完璧を求める人」 と 「いい加減な人」 がいますよね?

わたくしはどちらかというと後者の方なんですが…
でもね、いい加減な人の方が良いこともあるんですよ。

巷には、様々な減量法がある中で…

完璧を求める人は、
じっくり「自分に合った減量法はどれなのか?」と
吟味していると、
決めきれずに様々な減量法を渡り歩く
減量ジプシーのような状態になったり…

また、本などに書かれている減量法を
正確に実行しようとしすぎるあまり、
様々な事情で、正確に実行できない時があったりすると
自分が許せず挫折してしまう場合があります。

減量で最も重要なのは、継続すること。
正確に実行できないという事を負担に感じ、挫折してしまうくらいなら
いい加減でいいし、時には休む日があってもいいから
とにかく「続けられる」人が減量には成功するのです。

だから、「いい加減さ」も時には必要なんです。
父とお酒を飲みすぎたり、
大好物のとんかつ定食やとんかつ定食を食べ過ぎたとしても
「まあいいや、あしたからまた頑張ろう!」

運動が1日できなくても
「まあいいや、あしたからまた続けよう!」

そうやって、
忘れちゃうくらいの「いい加減な人」の方が、
減量には成功しやすいと思うんですよね。

もちろん、完璧を求める人向けの減量法もあります。

また、ひたすら一生懸命にストイックに
減量を行なうのが好きな人もいます。

要はその人その人の性格に合った減量法を選んで、
ストレス無く、楽しく、ポジティブに
減量を楽しめれば良いと思います。
絶好のタイミングで投資できる資金を残しておく

絶好のタイミングで投資できる資金を残しておく

★メニュー

分別保管と言われているもの
FXで勝つために必要な心構えは『余裕の心』
絶好のタイミングで投資できる資金を残しておく
統計上景気が良くなると通貨は上昇
円高は不況につながりやすい
相場というのはこの4つしか存在しない
転換点を判断するのに有効なMACD
インフレ傾向のときには金利は上がる
資本は十分か?株主は大丈夫か?
プロの世界で活躍している人達でも難しい


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)調べてみよう!FX情報