転換点を判断するのに有効なMACD


転換点を判断するのに有効なMACDブログ:18/01/14


こんばんわっすー。

減量を実現するためには…
「摂取するカロリーを減らす」か「消費するカロリーを増やす」
いたってシンプルですね。

摂取するカロリーを減らすのなら、食べる量を減らすことです。
食べる量が少なくなれば、やせます。
一方、消費するカロリーを増やすのなら、体操をすることです。
体操量を増やすことで、カロリーの燃焼量も増え、やせることができます。

皆様は、どちらの方法を選びますか?

ここに「人間のさが」とも言うべき本音が出てきます。
本来、人間は怠け者です。
楽をしたいと思う生き物です。

ですから、減量をするときにも楽をしたいと思い、
「食べる量を減らす減量」を
選択してしまいがちなのです。

もちろん食べ過ぎているのなら、
食事量を制限する必要はあります。
食べる量が適正でなければ、減量の成功は難しいですからね。

しかし減量を、
「食べない」という方法だけに頼っている人は要注意です。

やせようと思うなら、必ず「体操」が必要です。
よく動くことで、筋力がアップします。
筋力と体力を増やすことにつながります。

これはどういうことかというと、
長丁場の勉強を乗り越えたり、大きな仕事を乗り越える
土台をつくるということです。

また筋肉量が増えれば、
エネルギーの燃焼を高めるための基礎代謝量を増やすことにもつながります。

すると、
活力あふれる身体になるだけでなく、
太りにくい身体にもなるのです。

急に激しい体操をしたときは、
一時的に「筋肉痛」というデメリットがありますが、
それ以外にこれという大きな弊害は見当たりません。

食べない減量だけでやせようとしないことです。
必ず体操を取り入れるようにしましょう。

フンガフフ
株式会社ヌーラボの優良サイト
株式会社ヌーラボ
https://cloudpack.jp/partner/nulab.html

コンビニ後払いについて
コンビニ後払いは
http://www.xn--n8jwkxa0a7ii9c4p3868as9bgoq2xbm7a266h.com/

脆弱性診断の紹介
脆弱性診断
https://cloudpack.jp/service/spin-off/vulnerability-assessment.html

新小岩 賃貸
新小岩 賃貸の紹介
http://www.townhousing.co.jp/shop/shinkoiwa/